プロフィール

Author:ヴィクトリアズ・シークレット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパージュニアの音楽の虜になった私

最初は韓国の男子グループなどの興味を示さなかった私ですが、親友の女の子のお勧めで韓国のポップスに接触してみると、これはこれはあらまあ!音楽は素敵でダンスも抜群でプロモーションビデオの質も超高いことなので、完全に虜になりました。

以前は親しくない母方の親戚と韓国旅行に行って、過度に期待しすぎて、あ~あ!こうだと知ってたらこの旅費を節約して日本旅行に使うべきで韓国に失望されずに済んだのにと落胆していた私で。以前は韓国に大きな期待と幻想を抱いていた私なので、帰国してからは父方の親戚にすごくからかわれました。

「もう~!あんたって子は、みんなさあ前からあんたにあまり韓国に大きな期待を持ったり、韓国をいい国だというあんたの先入観は非常に危ないよってみんな注意してあげてたのに!」と笑われました。(あまりにも台湾が嫌いなのも私がこうなる一因なんです)

でも少女時代やスーパージュニアの音楽を実際聴いてみると、オーマイグッドネス!本当に申し分がありません。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

少女時代の歌詞の中国語の空耳

「Oh!」のプロモーションビデオです。歌詞は台湾バージョンの空耳で全て漢字を使って表記されています。

おばかで下品でシモネタの漢字で面白おかしい気分で韓国語の歌詞と発音を再現させたものなので、何回一緒に歌っても全然あきません。

でもこれ、中国語が分かる韓国人が見たら激憤するかも。

続きを読む »

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

またまた少女時代なんです

このビデオで彼女達が着ている衣装はセカンドアルバムのファーストパッケージのジャケットの写真の衣装です。

色もデザインも綺麗で可愛いし、もう欧米の高いブランド品なんて見劣りすると思う私です。

この歌も歌と振り付けを覚えられたらいいな。

続きを読む »

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

私を勇気付けてくれた「少女時代」

最近私の人生を変えた功労者と言える韓国で最近超人気の女子グループの「少女時代」です。

毎日彼女達の音楽を聴いて一緒に歌うとこれまで自分の人生にネガティブで悲観だった自分がまるで嘘のようです。

最近歯石の治療のために毎週歯科で悪戦苦闘しているとだんだん自分は意外と辛抱強くなったので、これからの人生の難関や失敗そして挫折に勇気を持って挑めるような気がします。

この曲は何とか歌えて振り付けもできるようになりたい一曲です。

この曲は私の心の奥に秘めた情熱と希望を喚起してくれました。ほかの曲もそうですけど。

続きを読む »

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

ミステリアスで謎めいた女優エマニュエル・セニエ

ミステリアスで謎めいた雰囲気を醸し出すのが得意のフランスの女優エマニュエル・セニエ。

私が最初に彼女を見たのはポランスキー監督の「フランティック」でハリソン・フォードと共演した彼女でした。

フランス人なのに英語を話していたので、ジュリエット・ビノシュ以外にも米国進出に意欲があるフランス人女優もいるんだなと思いました。

この人文字通りに言えばエキゾチックな顔をしていますが、美人の定義に合うかどうか今でも正直言ってよく分かりません。

グーグルで彼女の画像を検索してみると、意外に色々な顔をお持ちの方で、ヘアスタイル、髪の色や顔の大きさなどによって違う人のように見えるのです。そう思っているのは私一人だけかな?

フランティックでハリソン・フォードと共演した時は茶髪でこの前話題になった「潜水服は蝶の夢を見る」では金髪になっていて、顔も何だか違っているように見えて、同一人物なの?と私は自分の目を疑いました。

妹さんも女優だそうですが、作品は姉の彼女と比べるとやや少なく感じます。

兄弟姉妹が芸能界入りしていると言えば、イギリスのクリスティン・スコット・トーマスの妹のセレナ・スコット・トーマスも似たような感じで、作品は姉みたいに多くないようです。

ポランスキーの妻であるエマニュエル・セニエは最近ポランスキーの救出活動に奔走しているようです。

昔ポランスキー監督はアメリカ合衆国で幼女に淫行を行い、アメリカ当局に起訴されて以来英米の土地には足を踏み入れることはありませんでした。英米間では司法の引渡しが締結されているから、アメリカ当局に逮捕されるのを恐れていて、米国のアカデミー賞で受賞しても欠席していました。

最近はスイスの映画祭に出席している最中にスイス当局に身柄を拘束され、アメリカへ送還する予定のようですが、エマニュエル・セニエ、ファニー・アルダンやモニカ・ベルッチなどの俳優そしてフランスの文化大臣フレデリック・ミッテラン大臣もスイスに抗議し、ポランスキーの逮捕そのものが正当性に欠けていると批判し、アメリカの政府とスイス政府を非難しました。

私の場合、少女に淫行を行い、裁判を恐れ海外に逃亡したポランスキーの罪は一目瞭然であり、彼が法律に裁かれるのは当然のことなのである。

たとえ彼がユダヤ人であっても、法律の前ではどの人種も平等で、ユダヤ人だから、有名人だからといって特権があるべきではない。

イスラエル人もユダヤ人も黒人も白人もアジア人も悪いことをした場合罰を受けるのは当然なのである。

続きを読む »

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。