プロフィール

ヴィクトリアズ・シークレット

Author:ヴィクトリアズ・シークレット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイルドでセクシーなフランス人男優サミュエル・ル・ビアン

私が最近 はまっているフランス人の男優サミュエル・ル・ビアンですsamuel_le_bihan.jpg


最初は『ジェヴォーダンの獣』で彼を見ました。

台湾はアメリカニゼーションが呆れるほど酷い国なので、フランス映画をみたり、フランスの俳優や監督が台湾を訪問したり、DVDを購入したりするのは容易ではありません。

幼い頃から私の印象では台湾はアメリカ文化にひたすら受身に侵略される一方です。

学校では外国語は英語しか強調されないし、英語が上手い=国際観がある=エリートという嫌なイメージが今でも根強いです。

それにフランス人はプライドが高くて高慢、フランス映画は面白くないなどフランスに対してネガティブな評判を数多く聞いてきました。 

最初、『ジェヴォーダンの獣』を台湾のケーブルテレビの洋画チャンネルで見ました。

ストーリーの内容はあまりよく分からなかったし、なにしろ途中から見たので物語の概要を把握できませんでした。

出演した俳優の中ではモニカ・ベルッチしか知りませんでした。

彼女がハリウッドの映画に出演していたから印象がありました。結局物語はフランスの地方に出没する怪獣の正体を究明することは分かりましたが、登場人物の関係やミステリアスな部分がかなり多かったので理解するのに苦労し今でもまだ30%しか理解していません。

ただサミュエル・ル・ビアンが演じた主人公には結構魅了されました。ワイルドでセクシーでダンディーな気品に包まれた彼に私は釘付けになりました。

その後、IMDbやインターネット、ウィキペディアを利用して彼について色々と調べました。その後、『愛してる、愛してない』や『トリコロール/赤の愛』を見て彼を再発見し、ますますお気に入りになりました。

私生活では既婚の彼ですが、やはり私は好きで堪りません。訪日したことがあるかは分かりませんが、是非一度生で会ってみたいと心から願っております。
スポンサーサイト

テーマ : 俳優・男優 - ジャンル : 映画

<< フランス系アメリカ人のマイケル・ヴァルタン | ホーム |


コメント

コメント!初めてです^^

 コメントを!クリックすると!
ぼくの!名前も!メールアドレスも!表示しますv-222
以前に!知花くららさんの!ブログに!登録したんですが!共通なんですね^^

ぼくは!ブログを待ってません!真冬さんのブログからです^^




コメントありがとうございます

コメントどうもありがとうございます。v-380

これからもよろしくお願い致します。v-498

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。